調理師の働く場所

調理師の働く場所

調理師の働く場所とはどんなところでしょう?
免許を取得する前にあらためて確認しておきましょう!

調理師の働く場所ですぐに思いつくのはレストランです。
しかし働く場所はレストランだけではありません。

免許を取得して自分でお店を持ちたい人もいれば、免許を取得して安定した仕事につきたい人もいると思います。

 また、免許を生かして他の資格にチャレンジしたい人もいると思います。

人それぞれ色々な目標があります。そして実際に、働く場所は様々です。
調理師の働く場所について知っておきましょう!

 

働く場所として代表的なのはレストランです。
一口にレストランと言っても、日本料理、中華料理、フランス料理、エスニック料理や多国籍料理のお店など種類は様々です。
寿司、そば、カレー、ラーメンなどの専門店もあります。

専門学校によってはカフェ専門のコースを設けているところもあり、カフェも調理師が働く場所です。

シェフの働くホテル、料理人の働く料亭ももちろん調理師の働く場所です。

ホテルや料亭などで修行をつんだ後、自分のお店をもつ人も多いです。修行はきびしいと思いますがそれだけ技術が身につくのでしょう。

会社や学校、保育園などの給食施設、病院の調理室でも活躍しています。
私の友人は保育園の給食施設で働き、園児から「給食の先生」と呼ばれているそうです。

また、給食施設での実務を生かして、調理師試験を受けて免許を取得する人も多いと思います。

免許を取得することで現場での立場も変わり、安定して仕事につくことができるのではないかと思います。
もし給食施設などで2年以上の調理の実務があるなら
免許はぜひ取得しておきたい資格です。

このほか、スーパーマーケットの鮮魚、肉、惣菜売り場などの裏方も調理師の働く場所です。

 

また、海外のレストランで働くときにも免許は役立ちます。

免許は必須ではありませんが、免許を採用の条件にしているお店が多いだけでなく、ビザの取得には断然有利のようです。

 

このように、調理師が働く場所は思っている以上に多いです。

人間にとって「衣食住」は生活をしていく基礎ですので、生活の中の色々な場所で必要とされているのですね。

また、調理師免許とあわせて他の資格をとることでより就職や夢の実現に有利になることも多いです。

たとえば、栄養士の資格をあわせてもっていれば、小学校や保育園などの給食施設で働く場合、栄養士として行う給食管理、栄養指導などの際にとても役立つでしょう。

料理研究家やフードコーディネーターなどを目指す場合も調理師免許は役立ちます。
調理の基礎を知らずに料理研究家やフードコーディネーターの仕事はできませんね。

 

調理師の働く場所、免許を生かす働き方はこのように実に様々です。

調理師の働く場所はここで紹介したほかにもあります。
代表的なものとして参考にしていただき、自分の将来図を描いていきましょう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ