調理師専門学校のメリット・デメリット

調理師専門学校のメリット・デメリット

もしあなたが高校生なら、
無料パンフ・願書を資料請求するだけで500円分の図書カードが必ずもらえるキャンペーンが2017年12月27日14時59分まで期間限定で開催中!

→ 詳細はこちら

 

調理師免許を取得するためには専門学校へ通う方法と、調理師試験を受けて合格する方法の2つの方法があります。
どちらの方法で調理師免許を取得するか迷っている方も多いのではないでしょうか?

ここでは調理師専門学校に通う方法のメリット・デメリットについて具体的にお伝えします!

迷っている方は参考にしてくださいね。

メリット・デメリットをよく知った上で自分にあった調理師免許の取得方法を決めましょう。

まず調理師専門学校に通うことのメリットですが、厚生労働大臣指定の調理師専門学校を卒業すれば最短で一年間で調理師免許が取得できるということです。

試験を受ける場合は2年以上の調理の実務が必要です。
(詳しくは「調理師免許試験の受験資格」をご覧ください。)

そのため調理の実務もなく、一から調理師免許の取得を目指す場合は調理師専門学校へ一年通って卒業すれば、試験を受けるよりも早く調理師免許が取得できます。

また、専門学校では衛生学などについても詳しく勉強するので知識を深めることができます。

もちろん実習もあり、和洋中、製菓など色々な調理の技術が身につきます。
直接プロの先生から教えてもらえるのはとても大きなメリットです。

基礎が身についていれば仕事をする時に先輩の言っていること、指示していることが明確にわかるのではないでしょうか。

何もわからない状態で仕事につき、先輩から怒られるのは嫌だと思っている方なら基本的な技術は身につけておいたほうがよいでしょう。

専門学校では和洋中、製菓など色々な調理の技術を勉強するので、どの道にすすみたいかが現時点で決まっていない人にもおすすめです。

技術を習得するなかで、「日本料理にとても興味がわいた」「ほかの人よりもケーキ作りが得意だ」など、自分のやりたいことや得意なことが見えてくるはずです。
そしてなんと言っても、就職に有利な専門学校へ入れば、「○○専門学校を卒業した」ということで就職がしやすくなったり、その専門学校によせられる求人情報を活用したりすることができます

「仕事ができればどんなお店でもよい」と思っている方なら別ですが、「こういうお店で仕事がしたい」という希望がある方なら、就職に有利な専門学校を選ぶことは重要です。
(興味のある方は「おすすめの調理師専門学校」をご覧になってください。)

次にデメリットですが、調理師専門学校は短くても1年間通わなければいけません。

それだけ時間の拘束もありますので、すでに調理の仕事に就かれていて時間のない人や、その他の理由で時間がない人にはむきません。

また、調理師専門学校には学費がかかります。
学校によっても違いますが、学費は決して安くありません。

学費が払えそうにない人や、「調理師になりたい」という意思がまだ弱い人にはむかないかもしれません

しかし、学校によっては奨学金制度があったり、アルバイト先や住居を紹介してくれたりする専門学校もあり、本当に調理師免許を取得したい人であればアルバイトをしながら専門学校の学費を払うことは十分可能だと思います。

飲食関係のアルバイトは、調理の現場での仕事なので勉強になりますし、無料または格安の値段で食事がつくことが多いので食費がうくというメリットがありますね。

調理師専門学校に通う1年間という期間は調理師免許を取得するためには最短の期間です。

調理師になりたいと本気で思っている人には、短い期間で知識や技術も身につく効率的な取得方法といえるでしょう!

調理師専門学校に興味のある方は「調理師専門学校選びの最大のコツとは!」もご覧ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ