フードコーディネーターになるには?

フードコーディネーターになるには?

様々な食関連の仕事をするスペシャリストであるフードコーディネーターになるにはどうすればよいのでしょうか?

ここではフードコーディネーターになるにはどうしたらいいか、フードコーディネーターの資格についてお伝えします。

 

フードコーディネーターは国家資格ではありません。

フードコーディネーターの資格とよばれているものは各団体、学校が独自に認定しているものです。

そのなかで代表的なものが、日本フードコーディネーター協会が認定しているフードコーディネーターの資格です。

1級・2級・3級それぞれに認定試験があります。

 

フードコーディネーター3級はフードコーディネーター入門レベル、

フードコーディネーター2級はフードコーディネーターのアシスタントレベル、

フードコーディネーター1級はフード業界でプロとして活動できるレベルです。

 

色々な学校でフードコーディネーター資格の対策講座が開講されているので、興味のある方は無料の資料請求を活用してみてください。

フードコーディネーター講座の資料請求

 

ただし料理が得意だというだけでいきなりフードコーディネーター検定を受け、フードコーディネーターの資格だけを頼りにすぐに就職しようとすると難しいかもしれません。

調理師や栄養士の資格をもっていたり、栄養学・家政学・食品学などが学べる学校を卒業したりした後、さらに食について知識を深めたいという人に最適です。

しかしフードコーディネーターになりたいという強い熱意があれば調理の経験がなくてももちろん目指すことは可能です。

フードコーディネーターは今後の活躍が期待される仕事で、経験をつめば独立してフリーとして活躍することも可能です。

スペシャリストであることが求められますので様々な知識が必要ですが、活躍の場が日々広がっているので熱意をもって仕事に取り組めば希望の分野で活躍することも夢ではないでしょう。

フードコーディネーターの資格に興味のある方はまず資料請求して無料でフードコーディネーターに関する情報を集めましょう。

フードコーディネーター講座の資料請求

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ