カフェオーナーになるには?

カフェオーナーになるには?

カフェオーナーになるにはどうしたらいいのでしょうか?

ここではカフェオーナーになるにはどうしたらいいか、調理師の資格についてもお伝えします。

カフェオーナーになるために他のカフェなどで数年働いて経験を積み、接客やキッチンの手順を身につけてから開業する人が多いようです。

他のカフェで経験をつむ場合は、そのカフェのオーナーの協力がなければ仕入れや経営などについてまで学ぶのは難しいでしょう。

辻調理師専門学校やレコールバンタンなどの専門学校ではカフェ専門のコースがあります。
調理の技術だけではなくカフェに欠かせないドリンクの授業や盛り付けのセンスを学ぶほか、インテリアコーディネートなどについても学びます。(内容は学校によって異なります。)

カフェに特化したコースなので店舗の開業方法や経営について具体的に学ぶことができるカリキュラムになっていたり、開業ノウハウが学べる特別講座を開講したりしています。

レコールバンタンには1年制のカフェ専攻科、2年制のカフェ総合科のほか、設計などについて学び飲食業界に特化したインテリアデザインのノウハウが身につくカフェインテリアデザイン専攻科まであります。

注意が必要なのは辻調理師専門学校のカフェクラスは卒業すれば調理師免許が取得できますが、レコールバンタンでは卒業しても調理師免許は取得できないということです。

しかしレコールバンタンにはカフェに特化したコースが複数あり、どの専門学校を選ぶかは自分がどこに重点をおくかだと思います。

専門学校を卒業後に、調理の仕事で実務をつみ、調理師試験に合格すれば調理師免許を取得することは可能です。

ちなみにカフェオーナーになるためには調理師免許は必須ではありませんが、飲食業界で働くには調理師免許は取得しておいたほうが有利と言えるでしょう。

辻調理師専門学校でもレコールバンタンでも無料の資料請求が可能です。

カフェオーナーに興味のある方は専門学校ではどのようなことを学ぶのか、どのコースが自分に一番あうのか、無料の資料請求を活用して情報収集しましょう!

リクナビ進学」では地域ごとに専門学校を探すことができ、複数の専門学校に一括で資料請求できます。

◆複数の学校の資料・願書まとめて請求できる
地域ごとに専門学校や講座を検索できる
◆資料請求はすべて無料

便利なサイトを活用しましょう

こちらで資料請求できます。 → リクナビ進学

サブコンテンツ

このページの先頭へ