パン職人とは?

パン職人とは?

街にはたくさんのパン屋さんがあります。
天然酵母を使ったパンなどこだわりのパンも人気を集めています。
パンはいまや私達の生活には不可欠なものとなりました。

そのパンを作るパン職人とは一体どんな仕事なのでしょうか?

ここではパン職人という仕事についてお伝えします。

当然ですがパン職人の仕事はパンを作ること。
こう聞くととてもシンプルですが、実はとても奥が深い仕事です

パンを作る時、基本的には小麦粉・塩・酵母(イースト)・水が主な材料です。
シンプルな材料だからこそちょっとした工程の違いでパンがおいしくなくなってしまうこともしばしばあります。

その「ちょっとした工程の違い」はプロにしかわからないもので、「職人」の名にふさわしい仕事です。

パン職人の働く場所は個人で経営するパン屋さんのほか、チェーン店のパン屋さん、高級ホテルのベーカリー、レストランのベーカリー部門、山崎パンなどの大手メーカーなどがあります。
また、店舗は持たずにカフェにおろしたり、インターネットで販売したり、パンの技術を生かして自宅でパン教室を開くこともできます。

パン職人といえばパン屋さんで働く姿が一番に頭にうかびますが、パン屋さんで働くパン職人という仕事はとても体力の必要な仕事です。

パンは少しのタイミング、少しの違いでおいしさが変わるので、パンに合わせた生活になります。
そのため早起きする必要がありますし、長時間労働になることもあります。
パンの生地はとても重いので力も必要です。

パン職人を目指すには強い意志と本当にパンが好きであるということが大事です。
厳しい仕事ですが途中で挫折せずにやりとげられれば、途中で挫折した人には味わえない喜びがあります。

パンが大好きでパンを作る仕事がしたいと思っているのなら、パン職人を一生の仕事にするつもりでチャレンジしてみましょう。

一度製パンの技術が身につけば将来自宅でパン教室を開くなど、色々な形で生かすことも可能です。

自分のやりたいことを仕事にできるというのはとても幸せなことです。
もちろん努力は必要ですが、「自分のパン屋さんを持つ」、「あのホテルのベーカリーで働く」と目標を持ち、がんばれば実現可能な夢だと思います。

では、パン職人にはどうすればなれるのでしょうか?
パン職人になるには?でお伝えします。

リクナビ進学ではキーワード検索欄に「調理師」や「パティシエ」など キーワードを入力するだけで専門学校や講座などが見つかります。

◆複数の学校の資料・願書まとめて請求できる
地域ごとに専門学校や講座を検索できる
◆資料請求はすべて無料

便利なサイトを活用しましょう

こちらで資料請求できます。 → リクナビ進学(パン職人)

サブコンテンツ

このページの先頭へ