パン職人になるには?

パン職人になるには?

もしあなたが高校生なら、
無料パンフ・願書を資料請求するだけで500円分の図書カードが必ずもらえるキャンペーンが2017年12月27日14時59分まで期間限定で開催中!

→ 詳細はこちら

 

パン職人になるにはどうしたらいいのでしょうか?

ここではパン職人に関する資格、パン職人になるにはどうしたらいいかについてお伝えします。

パン職人に絶対必要な資格というものはありません。
資格がなくてもパン職人になれますが、パン職人に関する資格としては国家資格であるパン製造技能士があります。

試験には学科試験と実技試験があります。
受験資格は職業訓練歴や学歴によってことなりますが、基本的に実務経験が必要なので、実務経験がある方はチャレンジしたい資格です。

パン職人になるには製パン専門学校を卒業するか、製パン・製菓が両方学べる専門学校で技術や知識を身につけてから、専門学校によせられる求人情報の中から就職するのが一般的です。

専門学校に通わず、パン屋さんで見習いをしながら働くことも可能ですが、全く技術のない状態で雇ってくれるお店は少ないでしょう。
雇ってもらえたとしても賃金もかなり安いことを覚悟しておかないといけません。

リクナビ進学ではキーワード検索欄に「調理師」や「パティシエ」など キーワードを入力するだけで専門学校や講座などが見つかります。

◆複数の学校の資料・願書まとめて請求できる
地域ごとに専門学校や講座を検索できる
◆資料請求はすべて無料

便利なサイトを活用しましょう

こちらで資料請求できます。 → リクナビ進学(パン職人)

サブコンテンツ

このページの先頭へ