栄養士になるには?

栄養士になるには?

栄養士の資格はどうすれば取得できるのでしょうか?
どうすれば栄養士になれるのでしょうか?

ここでは栄養士になるにはどうしたらいいかについてお伝えします。

栄養士として働くには栄養士の資格が必要です。

栄養士の資格は厚生労働大臣指定の養成施設を卒業すれば取得できます

栄養士養成施設の一括資料請求はこちら

 

短大や大学、専門学校などがありますが全て昼間部で、夜間の学校や通信講座では取得できません。
期間は2~4年と様々です。

しかし、栄養士の資格を取得した後、将来管理栄養士の資格の取得を目指す場合は学校選びの際注意が必要です。

<管理栄養士試験の受験資格>

①修業年限が2年である栄養士養成施設を卒業して栄養士の免許を受けた後
厚生労働省令で定める施設において3年以上栄養の指導に従事した者

②修業年限が3年である栄養士養成施設を卒業して栄養士の免許を受けた後
厚生労働省令で定める施設において2年以上栄養の指導に従事した者

③修業年限が4年である栄養士養成施設を卒業して栄養士の免許を受けた後
厚生労働省令で定める施設において1年以上栄養の指導に従事した者

④修業年限が4年である管理栄養士養成施設を卒業した者

 

上記のように何年制の栄養士養成施設を卒業したかによって必要な実務経験の年数が変わってきます。

また、栄養士養成施設ではなく、管理栄養士養成施設(4年制)を卒業すれば実務経験はなくても管理栄養士の国家試験を受験できます。

上記のいずれかの受験資格を満たして管理栄養士国家試験を受験し、合格すると管理栄養士の資格を取得することができます。

栄養士養成施設の資料請求はこちら

 

 

管理栄養士については「管理栄養士とは?」「管理栄養士になるには?」もご覧ください。

リクナビ進学ではキーワード検索欄に「栄養士」や「管理栄養士」など キーワードを入力するだけで専門学校や講座などが見つかります。

◆複数の学校の資料・願書まとめて請求できる
地域ごとに専門学校や講座を検索できる
◆資料請求はすべて無料

便利なサイトを活用しましょう

こちらで資料請求できます。 → リクナビ進学(栄養士)

サブコンテンツ

このページの先頭へ