船舶料理士とは?資格をとるには

船舶料理士とは?資格をとるには

もしあなたが高校生なら、
無料パンフ・願書を資料請求するだけで500円分の図書カードが必ずもらえるキャンペーンが2017年10月31日14時59分まで期間限定で開催中!

→ 詳細はこちら

 

船舶料理士とは一体どんな仕事でしょうか?

ここでは船舶料理士とは何か、船舶料理士資格の取得方法について説明します。
受験資格さえ満たせば、調理師を目指す人には取得しやすい資格です。

船舶料理士の仕事は船員の食事の調理や食品管理を行うことで、船舶料理士免許は船員法に基づく国家資格です。

遠洋・近海区域を航行する1000トン以上の船舶や、第3種従業制限(捕鯨業、トロール漁業等)がある1000トン以上の漁船では船舶料理士が調理を担当することが義務づけられています。


では船舶料理士になるにはどうしたらいいのでしょうか?



船舶料理士の試験は10月頃東京で行われます(受験者が少ない場合は中止になることもあります)。

試験は学科試験と実技試験があります。

学科試験の内容は調理師の学科試験と同じなので、調理師を目指す人には取得しやすい資格と言えるでしょう!

【受験資格】
■ 20歳以上
■ 10年以内に船舶に乗り込み、1年以上調理に従事した経験があり、2名以上の船長から能力を証明された者(当該船長が外国人の場合には、外国人船長に加えて日本人船舶職員からも能力を証明されていること)

 

試験の日程、受験資格等は船員災害防止協会で最新の情報をご確認ください。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ