調理師とは?

調理師とは?kit26.gif

調理師とは料理を作る「料理のプロ」です。
免許の取得を目指す前に、調理師について、資格について知ることからはじめましょう!

調理師になるための方法は1つではありません。

時間を無駄にしないために、調理師についてよく知ることで自分に最適な方法を見つけて免許の取得を目指しましょう。

ここでは調理師とはどんな仕事なのか、どうすれば免許を取得できるのかについてお伝えしますのでぜひ参考にしてくださいね。

調理師は「料理のプロ」です。料理を作ってお客様に食べてもらうことが主な仕事です。

調理師法では『調理師とは、調理師の名称を用いて調理の業務に従事することができる者として都道府県知事の免許を受けた者をいう』と定めています。

ただ、ここで注意が必要なのは、免許を持った人しか調理の仕事につけないということではないということです。
免許がなくても調理の仕事はすることができます。

医師や弁護士などの業務独占資格とは違い、調理師はあくまで名称独占資格です。

例えば、免許がない人が医療行為を行うことは法律で禁じられていますが、免許がない人が調理の仕事をしても違法ではありません。

しかし調理師の免許がない人が調理師と名乗ることは違法です。

免許がなくても調理の仕事につくことはできます。
しかし免許をもっていたほうが就職のときに有利です。

調理の技術がない人より技術や食品衛生についての知識がある人のほうが有利であることは言うまでもありませんね。

また、免許をもっていれば独立して自分のお店を出すときに必要な「食品衛生責任者」の資格が申請するだけで得られます。

有名なレストランで働きたい、将来自分でお店をもちたい、給料は良いほうがいいと思っている人は、スキルアップを目指すためにぜひ取得しておいたほうがよい資格と言えるでしょう!

調理師免許に更新は必要ありません。
そのため一度取得すると一生免許をもつことができます。

免許を取得するには短くても1年かかります。
調理師になりたいと思っている方、将来のことを考えて免許を取得しておきたいと思っている方まず行動にうつすことが大事です!

どうしようか悩んでいる方は、調理師についてよく知ったうえで本当になりたいと思った時に目指せばよいと思います。
よく知らないままその世界にとびこむより、まずよく知ることが大事です。

インターネットの情報や専門学校の無料の資料請求や通信講座の無料の資料請求など無料の情報を活用しましょう。

調理師の活躍の場は様々で、日本料理やフレンチ、イタリアンなどのレストラン、ホテルや旅館のほか、学校給食や病院、スーパーマーケットの鮮魚・肉・惣菜売り場の裏方など、とても幅広く求められています。

では、どうすれば免許を取得できるのでしょうか。
方法は2通りあります。

1つは厚生労働大臣の指定した調理師養成施設(専門学校など)を卒業すること。

もう1つは定められた施設で二年以上調理実務を経験した後、調理師試験に合格すること。

高校などの学校を卒業して調理師を目指すのか、現在社会人として働きながら調理師を目指すのか・・・人によって状況は様々で、免許取得にかけられる予算や時間も様々だと思います。

調理師になるためには、自分にあった勉強方法、取得方法、予算にあわせた方法で免許取得にのぞむことが大事です。

調理師免許取得のための2つの方法、そしてお金を極力かけずに免許取得を目指す方法など具体的な方法は「調理師免許を取得するための二つの方法+αとは?」で詳しくお伝えします!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ