調理師通信講座のメリット・デメリット

調理師通信講座のメリット・デメリット

もしあなたが高校生なら、
無料パンフ・願書を資料請求するだけで500円分の図書カードが必ずもらえるキャンペーンが2017年10月31日14時59分まで期間限定で開催中!

→ 詳細はこちら

 

調理師免許を取得するためには専門学校へ通う方法と、調理師試験を受けて合格する方法の2つの方法があります。
どちらの方法で調理師免許を取得するか迷っている方も多いのではないでしょうか?

ここでは調理師試験を受けて調理師免許を取得する方法のメリット・デメリットについて具体的にお伝えします!

迷っている方は参考にしてくださいね。

メリット・デメリットをよく知った上で自分にあった調理師免許の取得方法を決めましょう。

調理師試験を受けて調理師免許を取得するという方法ですが、2年以上調理の実務についた後、調理師試験を受けて試験に合格する必要があります。

調理師試験を受けるための受験資格などは細かく設定されています。
(詳しくは「調理師免許試験の受験資格」をご覧ください。)

受験資格を満たしている場合、調理師試験を受けることができます。
調理師試験の参考書は市販されていますので自分で勉強することも可能です。
しかし、調理師専門学校に通う場合1年かけて勉強する内容なので決して軽く勉強したら合格できるというわけではありません。

調理師試験を受ける場合は通信講座を受けることが合格への近道だと思います。

自分で勉強しているとどこが重要なポイントなのかもわからず、試験日までのスケジュールもたてずにダラダラと勉強してしまうことになりがちです。

また、わからないことがあった時わからない箇所をそのままにしていてはせっかくの勉強が全て台無しになってしまいます。

調理師通信講座について調べたところ、ユーキャンに調理師通信講座があり、受講すればわからないところは何度でも質問ができるということでした。

調理師試験を受けて調理師免許を取得するメリットとしては、専門学校に比べて費用が少なくすむということが大きいと思います。

専門学校は通常数十万~数百万費用がかかりますが、ユーキャンの調理師通信講座は44,000円でした。

ユーキャンの調理師通信講座について、私は「質問できるというところに一番魅力を感じます。

参考書を買って勉強しても、わからないところをそのままにしておいては勉強している意味がありません。

また、過去の傾向を分析してあるので出題傾向の高いところに的を絞った学習が可能です。

勉強にかける時間はできるだけ無駄なく短縮したいですし、試験を受けるにも受験料がいりますので勉強は効率よく行い、一度で合格したいですね。

通信講座は自分のペースで勉強ができるので働いている人など、時間のない人におすすめです。

調理師試験を受けて調理師免許を取得するデメリットですが、独学で勉強する場合1人で勉強しなければいけないために挫折するケースが多いことがあげられます。

根気のない人や、継続的に勉強するのが苦手な人にはむきません。

しかしそういった場合は通信講座を受講するという方法があります。

途中で挫折するのを防ぐためにも、要点をおさえたテキスト、試験日までのスケジュールなど全てテキストにそってすすめればいい通信講座は独学で勉強して合格する自信のない人におすすめします。

参考書を買い独学で勉強して、せっかく勉強したのに不合格になることだけは避けたいですね。

ユーキャンに興味のある方はこちらで資料請求できます → 
ユーキャン

ユーキャンの調理師講座無料資料請求

私もユーキャンの資料を取り寄せましたが、私が特に参考になったと思ったのは、以下の3点です。

■ 受験資格である「2年以上の実務経験」について詳しく書かれていたこと
■ 全国の調理師試験実施月が書かれていたこと
 (調理師試験はどの都道府県で受験してもいいので複数回受験が可能)
■ 学費の最大20%が支給される「教育訓練給付制度」に関するQ&Aが充実していたこと

※資料の内容は変わる可能性があります

また、受験資格にもあるように調理の実務が2年以上必要になるため、まだ調理の仕事についたことがなく、すぐに調理師免許がほしいという人は、調理師専門学校に通えば1年で調理師免許が取得できますのでそちらのほうがいいと思います。

調理師通信講座に興味のある方は「調理師通信講座ならこの講座!おすすめする理由は・・・」もご覧ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ