調理師免許・資格の独学での取り方

調理師免許・資格の独学での取り方

もしあなたが高校生なら、
無料パンフ・願書を資料請求するだけで500円分の図書カードが必ずもらえるキャンペーンが2017年12月27日14時59分まで期間限定で開催中!

→ 詳細はこちら

 

調理師免許を取得するための代表的な方法としては、厚生労働大臣の指定した調理師養成施設(調理師専門学校など)を卒業するという方法があります。

卒業と同時に調理師免許を取得できると言うメリットがありますが、学費が高額だったり、お住まいの地域によっては近くに調理師専門学校がないなどのデメリットもあります。

調理師免許は厚生労働大臣の指定した調理師養成施設を卒業しなくても独学で取得することが可能!

ここでは、調理師免許・資格の独学での取り方をご説明します。

 

その方法は簡単。

調理師試験を受け、その試験に合格すればいいのです。

 

とは言うものの、注意点がいくつかあります。

 

まず、調理師試験は誰でも受験できるわけではありません。

受験資格が設定されており、その受験資格を満たす人だけが調理師試験を受験することができます。

 

調理師試験は原則として、中学校卒業以上で2年以上調理の実務経験がある方なら受験可能です。

「2年以上の調理の実務経験」は働いているお店などに「調理業務従事証明書」を書いてもらい、2年以上の調理の実務経験があったことを証明します。

 

その仕事が調理師試験の受験資格としての「調理の実務経験」に当てはまるかどうかと、お店などの管理者に「調理業務従事証明書」を書いてもらえるかは事前にきちんと確認しておきましょう!

 

調理師試験に合格して調理師免許を取得するためには独学で勉強する必要があります。

 

「調理師読本」などの参考書を購入して勉強することになりますが、調理師試験の出題範囲は広いので適当に勉強しただけでは合格は難しいでしょう。

 

調理師免許を独学でとりたい方にはユーキャンの調理師講座がおすすめです。

4万4000円と、参考書に比べれば決して安い値段ではありませんが、

■ 受講開始から1年間いつでも質問できること

■ 1日60分の学習で合格できるようにスケジュールが組まれている

■ 科目ごとに添削課題があり、先生に添削してもらえる

など、本気で一発合格を目指す人におすすめです。

 

調理師試験の受験費用は地域にもよりますが、大体6000円前後です。

決して安い金額ではないので、1度で合格を目指したいですね。

 

ユーキャンに資料請求してみたところ、調理師試験の受験資格である「2年以上調理の実務経験」について詳しい資料がもらえました。(資料請求はこちら↓↓で無料でした)



※資料の内容は時期により異なる可能性があります。

ユーキャンの調理師講座無料資料請求

 

興味のある方はまずこちら↓からユーキャンに資料請求してみましょう。


 

また、こういった講座に頼らず完全に独学で調理師免許を取得することももちろん可能です。


ですが、調理師試験は出題範囲が広いので独学で勉強する場合は「必ず合格する!!」と言う強い決意が必要です!

まずは「調理師読本」などの参考書を1冊買うか、ユーキャンに資料請求するなどして、調理師試験に必要な勉強の全体像をつかみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ